数十万円のコストがかかる

	 cure

中には気絶する人もいると言われているほど、激しい痛みを伴う不妊治療ですが、
苦しいのは心と身体だけでなく、財布の中身へのダメージも激しいものです。
不妊治療はまずはタイミング法、そして人工授精、体外受精、顕微授精という風にステップアップしていく治療法を採用しています。
もちろんステップが上がるごとに治療にかかる費用も高くなるんですが、
不妊治療の場合、健康保険が適用できる範囲が限られています。
保険が適用できるのはタイミング法までで、それ以降の人工授精や大害受精は健康保険適用外になります。
体外受精などになると、なんと約40~60万円ほどの費用がかかり、
健康保険適用外なので自分でこれだけ高額な費用を負担しなければなりません。
また、これだけ高額な費用をかけても1回の体外受精で妊娠する確率は5~8%しかないんです。
タイミング法で使用されているクロミッドは、病院で処方してもらうと1錠100~200円です。
健康保険を適用させると1錠30~40円までに抑えられます。
クロミッドは通販でも購入できます。
通販であれば診察料などもないので病院で処方してもらうよりずっと安く購入できます。
病院で不妊治療をしている人は、病院に通うという行為だけでもストレスを感じてしまう場合もあるので、
家で普段通りの生活をしながら不妊治療ができるのもクロミッドの魅力でしょう。
もしクロミッドで妊娠に成功できたとすれば、精神的にも肉体的にも負担が小さいですし、
コストもそこまでかからないので病院で行う不妊治療が怖いという人は一度試してみると良いかもしれません。