初めてでも安心

	 curative

クロミッドは不妊治療の最初のステップ、「タイミング法」でよく用いられる排卵誘発剤です。
クロミッドの主成分はクエン酸クロミフェンという成分で、脳下垂体に作用し、
卵胞ホルモンをコントロールしている神経を刺激し、卵胞ホルモンが不足しているように錯覚させます。
そうすることで卵胞ホルモンの分泌が活発に行われるので排卵が起こりやすくなるんです。
卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌も促進するので、
卵胞の成長に高い効果を発揮してくれます。
排卵誘発剤には色々な種類がありますが、その中でもクロミッドは多くの病院で処方されている有名な薬です。
通常、排卵期に排卵されるのは1個だと言われていますが、クロミッドを服用すると2~4個ほど排卵するようになります。
また、卵子がじっくりと成長するので質の高い卵子ができます。
生理不順や無排卵も改善され、自然に妊娠しやすい身体になっていくんです。
クロミッドを服用することで約10~25%妊娠率が上がると言われています。
クロミッドは生理が始まった3~5日目に飲み始め、1日1~3錠の服用を5日間続けます。
生理が始まって約14日で下腹部に排卵時特有の痛みがあれば排卵していると考えて良いでしょう。
クロミッドは身体への負担も少なく、費用も安いことから初めての人でも安心して使うことができます。
まずクロミッドを試してみて、それでも効果が出ないようであれば病院で不妊治療を行うことをおすすめします。